年内、年明けの事務局のご案内

11月8日(月)、16日(火)、30日(火)
12月6日(月)、15日(水)、22日(水)
以上の日程は、事務局がお休みです。

年内は12月24日(金)まで
年明けは令和4年1月11日(火)から事務局を開けます。

講座については、決まり次第お知らせいたします。
東京都緊急事態措置により、急な変更をする場合があります。
御用の方は、あらかじめ事務局にお電話をお願いいたします。

会員限定ページについて

会員ページには、パスワードがないと入れません。
パスワードは事務局にお問い合わせ下さい

お知らせ
晁桜会とは

桜蔭の卒業生による同窓会の名前です。『ちょうおうかい』と読みます。

桜蔭学園は、大正13年、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)の同窓会である桜蔭会の会員により設立されました。

晁桜会はその創立から5年後の昭和4年3月28日に第1回卒業生により発足しました。この命名は初代校長後閑キクノ先生によるもので、「晁」は朝の古字、「日」は太陽、「兆」は無限大の数を表します。

朝日に映える桜は年毎に数を増す会員のことで、当初94名の会員が平成25年度には約17000名となり、各年代の方がそれぞれの立場で国内外で活躍しています。

会は会員相互の親睦と向上をはかり、母校の発展に寄与し、社会に貢献することを目的としています。